夜盲症を防ごう
bltop1 (1)

ビタミンAは夜盲症の予防になります。
暗い部屋でも次第に見えるようになるのは、ビタミンAから作られる「ロドプシン」が、目の網膜にあるためです。
でもこれが欠乏してくると、暗い部屋に行っても目がなれないということになってしまうのです。
そうならないためにも、ビタミンAが含まれる緑黄色野菜やうなぎ、黄卵などを食べましょう。