事例紹介

CASE

VOICE 1

埼玉県志木市

いちご薬局 様

Question 1

― なぜ開業しようと考えたのですか

製薬会社に勤めていましたが、60歳で定年退職を迎えてリタイアするより、もっと長く社会に貢献し、活躍したいという思いがありました。いざ開業すると、地域医療の一助になれている喜びもあり、開業して良かったと思います。

Question 2

― 開業にあたり不安になった点、問題点

まず開業するにあたり許認可の取得をどのようにすれば良いか不安でした。各種許認可に関しては厚生局のホームページに載っているものの、一つ一つの許認可取得について調べ、作成する事が大きな不安材料でした。
また、会社の起業で言えば、同様に税務や労務関係の書類作成なども不安でした。

Question 3

― 開業後の悩み

医療事務や薬剤師など人の確保の問題と医薬品の不動在庫の問題が悩みです。

Question 4

― 開業して良かった点

何事も行った行為に対し、自分に返ってくる事が良い点です。
頑張った分、顧客評価に繋がり選ばれる薬局になっている実感があります。
またその見返りとしての対価として返ってくる事も良いと思います。
逆も然り 手を抜けば逆の事が起こります。
頭と身体をフル活用し、患者さんに選ばれる薬局になるために考え行動し、不足する点を補い、スキルアップのために自己学習の機会を増やし、自分自身の成長に繋がったと思います。

Question 5

― スリーエスを選んだきっかけ

スリーエスは薬局を実際に経営している事から、薬局開業に関するノウハウが豊富であり、コンサルティングがしっかりできる事や、各種許認可や開業までのサポート体制は当然ながら、その後のきめ細やかなフォローをしっかり行ってくれます。
また、スリーエスグループには税理士法人や社会保険労務士法人を有しており、税理士、社会保険労務士など豊富な人材がいるので、どの分野でも精通しており、困った事にはほぼ全ての領域でカバー頂け、対応も丁寧で速い点が良いです。
また開業後も困った時に連絡すると迅速に対応して頂いており、アフターフォローもしっかりして頂ける事も良かったと思います。
一人で開業し不安な状況でしたがとても頼れるビジネスパートナーと感じております。

Question 6

― 今後の目標

より地域医療に貢献できる、選ばれる喜ばれる薬局経営を目指していきたいと思います。
多店舗展開や在宅の分野へ参入し、より多くの方により良い医療提供体制の一助となれるよう努力していきたいです。

banana