セラミック治療

aesthetic

AESTHETIC PROSTHETIC
審美歯科とは

歯が白く綺麗になれば、それで満足という方も多いことと思います。しかし、歯を白くする事だけで美しいと言えるでしょうか?
当クリニックでは歯の持つ本来の役割、機能が十分に発揮される『機能美』を併せ持ってこそ歯科における審美であると考えます。
歯の機能を回復する治療はすべて審美歯科の範疇なのです。 言い換えると総合的な歯科医療であるということです。
単に歯を白くすることだけではなく、美しい歯並びやバランスのとれた歯肉などを含めた口腔内全体のトータル的な環境づくりを行い、そのひと本来の健康的で美しい笑顔を手に入れて頂くことを目的としています。
歯を白くすると同時に美しく機能する健全な口腔環境を取り戻し、 患者様がより質の高い生活をおくるお手伝いができたら幸いです。

Our High Standards
当院の審美歯科
セラミック

一般の歯医者さんでもセラミックを取り扱うところが増えてきましたが、メタルボンドと呼ばれる金属を使用したセラミックの歯を使用する歯医者さんが多い中で、当クリニックは金属をいっさい使用しないオールセラミックにこだわっています。
色味に透明感があり、長期間使用しても変色せずいつまでも美しく、健康的な歯に近い白色をしているセラミックを使って歯の詰め物や被せ物を作製しています。
セラミックは金属アレルギーの心配がなく、経年劣化もしにくい素材ですが、保険診療外になります。

ジルコニアフレーム

セラミックの中でもとりわけ丈夫で耐久性が高いジルコニアをフレームに使い、その上に審美性に優れるセラミックを塗りつけた被せ物です。
ジルコニア単体でも被せ物は作れますが、セラミックを盛ることで硬さを調整し、見た目にも透明感のある美しい被せ物を作ることができます。※保険診療外になります。

OUR APPROACHES
機能美の追及
セレックで素早く歯を白くする

虫歯などで歯の一部が失われてしまった場合、その部分を詰め物や被せ物で補います。
以前は銀などの金属が用いられることがほとんどでしたが、金属部分が目立ってしまうという審美的な問題があり、歯と同じ白い材料で治療したいというニーズが高まりました。
審美補綴治療とは、詰め物や被せ物、差し歯の素材に『セラミック』(陶材)をメインに、白い材料を使用する審美治療です。

さらに私たちはコンピューター制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステム「セレック」を導入しております。
コンピューターを使って修復物を製作するので、歯型を取ることがありません。
最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、コンピューターの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。
当院でのセレック治療は最短で当日、来院している患者さんの概ねは翌日に白い歯をセットして帰られる方が多いです。

金属ではなく歯と同じ白い材料なので、美しく自然な仕上がりになります。
ぜひ一度、当クリニックにご相談ください。

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープとは日本語で顕微鏡のことです。
マイクロスコープを使用することで、人工の歯の縁(マージン)を高倍率で確認することが可能になります。
歯質と人工の歯の境目に隙間ができていると、そこから細菌が侵入し、虫歯の原因となります。
虫歯が再発してしまうと、折角入れたセラミックの被せものも外して、新しい補綴物をまた制作しなければならなくなります。
そのようにならないために、マイクロスコープを使用し拡大視野下で滑らかな境目を形成することにより、精度が高く隙間がない、細菌の侵入しにくい治療が行えます。
マイクロスコープは、高額で操作にも特別な訓練が必要となるため、日本ではまだまだ導入している歯科医院が少ない医療機器です。
それでも当クリニックが拡大視野下での精密治療にこだわるのは、美しさを追求するあまり持続性や機能性を無視してしまうことなく、審美治療の専門家として「いつまでも美しいセラミック治療」を追求するという当クリニックのポリシーがあるからです。

banana